法律トラブルは弁護士に相談をするのが一番

ビル

契約のトラブルは、まずは消費者相談センターに電話をして訴えてみるのがいいでしょう。
悪徳業者に騙されたというケースなら、まずはここに相談をするのがセオリーです。
電話だけなのでコストが最小限で済ませられますし、ある程度の参考意見は聞くことができます。
ただ、実際にお金を返してほしいという場合には、弁護士に相談をするのがいいかもしれません。
消費者相談センターは、法律的な相談には乗ってくれますが、返金対応の手伝いをしてくれる場所ではないからです。
弁護士さんなら、違法な契約であったならきちんと対処をしてくれますし、返金の手続きまで代行してくれるので便利です。
法律にも詳しいのでベストでしょう。
悪徳業者は、個人で立ち向かうことが難しいので、弁護士に任せてしまうのが一番楽で安全な方法になります。
最悪の場合は裁判をしなければなりませんが、弁護士ならその点でも任せられるので安心です。
コストはかかりますが、買い物の金額が大きくなれば、雇ったほうがお得だということもあるでしょう。
大きな買い物でトラブルになったときには、弁護士事務所に駆け込むのが一番です。

健康保険組合様の電子申請
サポートもお任せください

親から子を繋ぐお手伝い
日本相続対策研究所が力になります

債務整理のご依頼もお受けしております。

大渕愛子弁護士

首都圏はもちろん、地方の方でも
お気軽にご相談ください

法律の文面を残しておくことの意義

ビル

法律の文面には、法教育を受けた人が解釈する内容と行政に従事する人が解釈する内容とでは、違いが生じるケースがあります。
また、行政が行なった実際の行為に対して、裁判で争われる際には、裁判所の判断が異なる場合もあると言えます。
さらに、司法においても、地方裁と最高裁の判決が異なる事例は、多々存在しており、法律解釈というものが、それを解釈する人によって様々な内容に変化することが明らかだといえます。
それ故、法関係の文章には厳密性が要求され、生活言語や一般的な伝達手段としての言語には馴染まない表現が多くなるわけです。
但し、いくら言葉を厳密に定義しても、言葉と言葉の関係性の隙間が多くなるだけで、その隙間からは様々な解釈が流れ落ちるようになると言えます。
元々、言葉というものは生き物なので、使用される場面や社会的背景によって、含まれる意味合いは変化するわけです。
とは言え、それだからといって法律の文面を更新していては、元々の精神が薄れることになり、正当もなくなるわけです。
その為、法律の文面は限度が訪れるまでは、元の形のままに残すことが良いと言えます。

関連ページはコチラ

ほほえむ女性

法律系の資格試験を受けるなら資格スクールが最適

これから法律系の資格試験を受けようと考えている方は、独学又は資格スクールに通うか、どちらを選択した方

葉っぱ

意外と知られていない法律を知っておく

法律は世の中の秩序を保つためにはどうしても必要です。
しかし意外と細かいところまでは知らないと

ほほえむ女性

法律系資格試験を受けるならば資格スクールに行くべき

法律系資格試験は、独学よりも断然資格スクールに通った方が有利であります。
それは、まず法律用語

髪を掻き上げる女性

法律のプロに助けてもらいました

結婚して5年目で子供はおらず、暴言を吐いてばかりの主人に悩んでいました。
結婚当初は私も言い返